ICL適応検査へ

今回適応検査をするにあたって、色々調べてみましたが、私の住む県には、施術を行っている病院は二ヶ所しかなく、どちらも有料でした。あと、ICLの値段も都心よりも10万以上の値段ということもあり、北関東に住む私ならば都内でやろうと思いました。

 

都心となりましたが、、取り扱う病院の数も増えるし、値段もさまざま。何がいいかわかりません。

口コミも見ましたが、正直口コミってあまり信用してません。嫌な思いをした人は悪い口コミを書きたくなるし、いい思いをした人は口コミを書かないこともある。たくさんの症例をこなしている病院にしようと思いました。安いのが悪いと言う人もいますが、大手のスーパーが安くなるのと一緒でたくさんの取引をしている会社は安く仕入れることができたりもします。何が正解かはわかりません。なので、とりあえず、大手のクリニックを予約しました。

 

私はもっぱらメガネなので、検査の何日前からコンタクトは中止ししとかは当てはまりませんので、いつでも検査できるようです。ただ眼瞼下垂の手術後は1ヶ月あけなくてはいけないようです。他にも目の病気のことや持病などの有無を電話では聞かれました。とりあえず行けそうなところで予約をしてみました(^-^)

 

検査は12時からの予約です。東京が苦手な私は早め早めの行動で、右も左もよくわからず、やっとの思いでたどり着きました(´Д`)田舎者です(泣)

 

受付で問診票に記入をしました。あと
f:id:hokennews:20200224131302j:imageこういうものの同意書にサインをさせられました。断れそうな雰囲気ではなく、1万円かかるが、施術をしたら1万円引きということでしたが、やらないなら1万円は返ってこないということだと思います。なんかはめられてる気分でした。しかし、やるならばしなければいけない検査なのだと思います。。たぶん。

そもそも、私はICLのことが知りたくて言ったのですが、レーシックをやるかのような案内でした。

 

人は常にたくさんいて、込み合ってるなぁ。という印象です。術後の人もいたし、検診の人もいたし、とにかくたくさんいました(゜.゜)

 

名前を呼ばれて検査に向かいました。とにかくこんなにも目の検査をしたのは初めてでした。色々な種類の機械がありビックリしました。

一通りの検査を終えてから、スタッフの方と話をしました。私の目は平均的な目で、レーシックでもICLでも好きな方を行えるそうです。偏りがあればどちらか向いている方を勧めるが、どちらでも大丈夫だと言われました。

話を聞いているとレーシックのほうが手軽な感じでしたが、私の場合旦那との兼ね合いもあるのでICLかな。という話もしましたが、意外にもスタッフの方はグイグイこないんですよね。家に帰って考えてからにしましょう。みたいな。

でも、正直東京が苦手な私はもぅ検査のためだけに来たくはありません。その話をしたら、じゃあさらに詳しく検査をして、家で旦那さんと話をして決まったら、電話連絡して、お金の振り込みをしてもらえば、もぅ検査には来ないで大丈夫ですよ。と。

Σ(゜Д゜)ここでもやはりグイグイはこない。

こういうところはすぐに契約!!みたいな感じだと思っていたので、逆に戸惑ってしまいました!

とりあえず、再び検査です。今度は瞳孔を開く目薬を使用してからの検査になりました。

 

そして、やっていくうちに不思議なものです、周りの患者さんたちもレーシックやらICLやら老眼治療やらしているのを見ていると、やっぱりやりたい!!という気持ちになってきてしまうのです。(完全に向こうの思う壺なのかも)

そして、元々やるならこの日!と決めていた日にちの空き状況を確認してもらいました。

するとなんとあと1件しか空きがないと言うのです。他の土曜日も埋まっています。平日は仕事があるので難しいです。。。うーーーーーーーーーーー。もぅやるしかない!

やります!!と伝えました。(これもまさか思う壺なのか!?)

でも、やりたいと思っていたことだし。周りにもこんなにやっている人がいるし!やってやる!!と思ってしまいました。

スタッフの方も、本当にいいんですか?大丈夫ですか?と心配までしてもらっちゃいました。

 

日にちが決まったことで、医師の診察もありました。

ICLのレンズはコンタクトレンズほど度数に種類がない様子で、私の目に入れるレンズの相談をしました。私の目にちょうどいいものがないそうで、1つ上げるか1つ下げるかのようです。私は1つ下げることにしました。これから老眼も出てくるだろうし、過矯正にはなりたくありませんでした。医師もそのほうがいいでしょうと。

また別の医師の診察もありました。とても話しやすく色々話してくれましたが、ここに来る前に調べに調べまくっていたので聞くことはもぅなかったので、気になることを数点聞きました。

1つは、家族に緑内障がいて、レンズを入れることで誘発されやすかったりはしないか。

→一時的に眼圧が上がることはあるが、大丈夫だと思う。ただ家族歴がある人は40歳を過ぎたら一年に一回は検診をきちんと受けた方がいいだろう。緑内障は早期発見なら点眼薬で経過をみれるから大丈夫ですよ。と。

2つめは将来白内障になったときに、地元でも手術が可能か。ということです。

それに関してはまだ先が長い話なので、数十年後に地方でも当たり前に行われている手術かもしれないし、そうでないかもしれない。ただレンズを抜くという作業自体は難しいものではない。そのときはこちらに来ていただいて、抜いてからの老眼治療になります。と。確かに私が老眼になるにはまだ30~40年あります。医療は日々進歩しています。医療の世界の常識が明日には非常識になっているかもしれません。これはもぅ考えてわかることではないですね。

他には特に大きな疑問はなく。話は終わりました。

最後に次回手術日の3日前から使用する点眼薬と手術の同意書と手術前後の説明書をもらって帰宅しました。


f:id:hokennews:20200224164032j:image

f:id:hokennews:20200224164219j:image
f:id:hokennews:20200224164256j:image

ちなみに今日は手術代のうち内金として19万円のお支払ですΣ(゜Д゜)高いですね。このお金はレンズ代になるそうで、キャンセルしても返金はされないそうです。。。

 

ICL(有水晶体眼内レンズ)

みなさんはICLって知っていますか?

最近やる人が増えているようです。

ICL、有水晶体眼内レンズ、フェイキックIOL、眼内永久コンタクトレンズ、と呼び方は色々あるようです。

私も何年も前から知っていて、興味がずっとありました。

私は10代からメガネとコンタクトをしていますが、花粉症がひどく、就職してすぐの頃、ひどい痛みで眼科に行き、コンタクトレンズで角膜に傷ができてしまったので、しばらくコンタクトレンズは禁止になってしまいました。そのあと治癒したものの、ゴロゴロする感じや、夕方になるにつれて充血がひどくなることなどあり徐々にコンタクトレンズをすることが嫌になり、20代半ば頃からはメガネが中心の生活になっていきました。

普段の生活ではあまり大変なことはなかったのですが、まだまだ若い私にはおしゃれには不向きだったり、デートや旅行など不便さは多々ありました。その後結婚し、子供を生み、不便だなと思いながら過ごし、一度、レーシックに興味を持ち、問い合わせをしたことがありましたが、授乳中は駄目と言われ諦めました。

授乳が終わる頃には仕事に復帰し、休みはとれず、メガネ生活から抜け出すことは出来ずにいました。

再びやろうかな!と思ったときに旦那に相談してみたところ。旦那は昔レーシックをしたことがあり、現在も視力は安定しているのですが、私には勧められない。と言うのです。理由は色々あるようでしたが、不可逆だったりドライアイだったり、、、私のことを想って言ってくれていることなので、私もやる気持ちがなくなってしまいました。

このときICLについては知っていましたが、価格がとても高いことを知っていたので現実的に厳しいと思っていました。

またそこから数年して、家族旅行をしたりするなかで、海にも行ったり温泉にも行ったり、、とても楽しいはずが、、み、み、みえなーーーい。((。´Д⊂)見えないのです。コンタクトが合わなくて痛いのでつけられず、度入りのゴーグルまで準備しました。海の中は見えるが、出てずっとゴーグルなんてしていられない、取ると外が見えない。。最悪です。海がまったく楽しめない。

温泉も高台にある、露天風呂に行きました。。。夜景が見えない(泣)

辛すぎる。。こんな生活を一生するのかとまた悩み始めました。これから老眼が出てきたら近くも遠くも見えにくくなるのか、、、もぅ嫌だ!!!と思いました。

 

あと、もうひとつ、決め手がありました。

それは去年受けた眼瞼下垂の手術です。

私の目は窪み目というやつで、これは20代からありました。まぁそれほど気にしていなかったのですが、これも眼瞼下垂の症状の一つみたいです。そして30代になり、目も下がってきました。しかも左右差がひどかった(泣)眼瞼下垂の手術をして、窪み目はのこってしまいましたが、左右差はだいぶ良くなり目も開くようになりました。今まではメガネをしていたのでちょうど隠せていたし、メガネにも利点がありました。しかし、隠す必要がなくなった。ということも大きな決め手の一つです。確かにこれから先眼瞼下垂が再発するかもしれないですが、、、これがいいきっかけになったのかと思います!

 

その後もぅ一度旦那と話し合いましたが、やはりレーシックは勧められないと。そこで私はICLの話をしました。値段が高いこと、やるなら東京でやることなど、取り寄せたカタログを見せて色々話し合いました。

旦那は「目は一生のものだし、削るのは賛成できない。ICLなら最悪抜き取って元に戻せるわけだから、俺は高くてもICLのほうがいいと思う。」と言ってくれました。うれしかったです。理解のある旦那です!

とりあえず、自分の目が適応になるかわからなかったので、適応検査を受けに行くことにしました。

眼瞼下垂の保険のこと

こんにちは。

もうすぐ眼瞼下垂の術後3ヶ月になります。検診のことは終わったらまた報告しますね。

 

今回は医療保険についてです。

私が受けた眼瞼下垂の手術は眼瞼挙筋前転法というものでした。

こちらの手術は保険給付の対象手術でしたので、保険給付の申請をしていました!

保険は私個人で加入していたものと会社で加入していたもの二種類ありましたが、今回は二種類とも対象の手術でした(^-^)v

私個人で加入していたものは、片目が5万円、別日にやるなら両目分で10万出るが、同日にやるなら片目分の5万しかおりないと言われました。10万は大きいですが、日にちをずらしてやるなんて考えられなかったので5万円でいいです。と答えました。そして添付の書類は手術後の領収書のみでよいとのことでした。

会社の方は両目で5万円でした。しかしこちらは医師の診断書が必要になったため、5千円で診断書を書いてもらいました。5千円は保険でおりたのでよかったですが、手間がかかりました。

 

ですが、こういうときに保険はありがたいですね。まぁ普段高い保険料を払っているのですから当然なのかもしれませんが、交通費などを入れてもマイナスにはならなかったことが本当に助かりました。

 

これは保険診療でやったのでおりた保険です。もし、同じ病名でも美容の意味合いを含めた美容外科だとおりないのです。

でも手術をしてみて思うのは、目だぞ!!顔だぞ!!見た目を気にして何が悪い!ということです。

男も女も関係ないし、年齢も関係なく、みんなきれいでありたいと思うものです。

機能の改善は大前提ですが、見た目もきれいな方がいいに決まっています。

私は今回、うまくいったのでよかったし、私自身芸能人のようなぱっちり大きな二重になりたかったわけではないので、これでよかったと思っていますが。

同じ病気に苦しんでいる方の選択肢が一方は5万円で、もう一方は60万円というのは差がありすぎな気がします。

しかも、今回、手術の報告をしたときに、理解のない方からの心無い言葉で、「あー。整形でしょ。」と言われました。その場は笑って済ませましたが、とても傷付きました。

確かに眼瞼が下がることで見た目も悪くなり、人と話すときにいやだなー。と思っていたのは事実です。しかしそれ以上に眼の奥の痛みや不快感を感じていたのを治したかったから勇気を本当に振り絞って決断した手術だったのです。

 

話がだいぶ逸れてしまってすみません。

 

顔なのでとても大事ですが、私のような一般人にはお金も大事です。

今回のことは旦那に相談したら最初は美容外科を勧められました。やはり顔なので、失敗は怖いと。

ですが、今回施術してくださった病院に出会って、安心しつつ受けることができたので、本当によかったなと思います。

これは人それぞれ考え方も、ライフスタイルもまったく違うものなので一概にどうしたほうがいい!とは言い切れないと思います。とても悩むことですので、後悔のないようよく考えてください。

私のことでしたら正直に話すことができますので、何かあればm(__)m

 

ミレーナ3年目

もうすぐミレーナを挿入して3年が経とうとしています。

早いものですね。

私のあとにママ友でもぅ妊娠希望のない人が私の知る限りでは二人ミレーナを入れました。

みなさん興味があっても踏み切る勇気がないものですよね。

私ももちろん不安はありましたが、今のところ後悔することはなく経過しています。

私は生理の血はごく少量になったもののほそくながーーーくあります。それが唯一のトラブルです。ママ友は生理はもぅほとんどないそうです。そうなるとかなり楽ですよね(^-^)

私は子宮頚がんの検査を毎年受けているので、そのときにミレーナの確認もしてもらっています。なのでそこまで手間でもなく過ごせています。

妊娠の心配もなく、貧血も改善したのでよかったなぁと思っています😄

眼瞼下垂手術後

眼瞼下垂の手術後についてです。これから手術をする方の参考になればうれしいです。

 

手術後はお会計をして、眼軟膏と内服薬が処方されてすぐに帰宅できました。

両目ともガーゼで覆われているため、車の運転はできません。なので付き添いが必要です。

ちなみにお会計は5万円ほどでした。これには手術後に目を冷やすためのアイマスクも含まれています!

 

そのまま帰宅して、ご飯を食べました。ガーゼの隙間から見て食べるので、とっても食べにくいです。

 

眼軟膏は数時間間隔で乾くことがないようにこまめに塗り、抗生剤は三日間飲むように指示がありました。

 

当日は疲れもあるし、安静にするようにとのことだったので、ひたすら寝ていました。

痛みは常にアイマスクで冷やしているお陰かそれほどなく、痛み止めを飲むほどではありません。

 

翌日はガーゼを自分で取り、傷の確認です。

手術前に調べておいたので、それほど驚くことなく、予想通りの腫れです。むしろ予想していたより軽いくらいでした。

保険の手術なので、美容整形のように二重の幅が広くないからかもしれません。

 

二日目まではアイマスクで常に冷やすようにしていました。物を見るとなんとなく疲れやすく、休み休みです。家事も二日目まではあまりせずに過ごさせてもらいました。

 

三日目からはシャワーも浴びれるようになったので、スッキリです。一週間は眼軟膏をこまめに塗るため、目元はいつもテカテカしていました。徐々に腫れて赤かった目元は黄色くなっていきました。仕事は出来なくはないと思いますが、人と接するのは厳しい見た目だと思います。

 

病院の定期検診は通常は二週間後ですが、今回は医師の都合により一週間後でした。

私の受けた病院では基本的に抜糸はしないと説明を受けていましたが、糸が気になるのと、他の方のブログで抜糸をしたほうが腫れが早く引くとあったので、抜糸してもらえませんか?と相談してみました。

意外にもすんなりしてくれることに!

しかも!この病院は痛みに配慮してくれているため、抜糸にも笑気麻酔と麻酔クリームを使用してくれました!

先生いわく、目の抜糸は痛いそう。。。

 

痛みに配慮してくれるって本当にうれしいです。

 

その後の一週間で腫れも急速に引きました。

私は二週間仕事を休めたので、復帰したときには通常の化粧もできたので、違和感も少なかったと思います。あと、眼鏡を使用しているので、余計目立たないのかもしれません。

二週間しても腫れている感覚はあるし、自分では違和感はありました。

でも、周りから何か言われることはありませんでした!

 

そして何より、目が開く!頭痛が消えた!これが一番です!

 

見た目ももちろん大事ですが、機能の改善もやはり大事だと思います!

気付かずに過ごしている人ってたくさんいるのだと思います。その辛い症状が、もしも眼瞼下垂からのものだとするなら、治りますよ!と教えたいです。

そして信頼できるお医者さんに出会えるといいですね(^-^)

 

次は三ヶ月検診です!

 

眼瞼下垂の続き

医師の話も聞き、自分でも調べ、悩みました。この症状は辛い。これがずっと続いたらうつになりそうです。
でも顔の手術は怖い。もし失敗してひどい顔になったらもぅ働けない(泣)
悩みに悩みました。
最後は旦那が、相手は医者なんだから大丈夫だよ。と背中を押してくれました。
それでもドキドキです。
手術は土曜の昼に行いました。
運転が出来なくなるので、旦那に付いてきてもらいました。
点滴のルートをとり、目の周りに麻酔クリームを塗ってもらい。待つこと10分ほどしたところで、手術室に呼ばれました。

笑気麻酔と静脈麻酔と点眼麻酔を併用してくれたお陰でうとうとしながら手術を行うことができ。思っていたよりずっとリラックスしていることができました。私の手術をした病院は痛みにとても配慮してくれるところでした。
一番痛かったのは、手術が終わり、顔周りに貼ってあったテープを剥がすときでした(*_*)

眼瞼下垂

みなさん。眼瞼下垂という病気は知っていますか?
最近テレビで放送されたり、和田アキ子が公表したりとみなさんも一度は聞いたことがある病名ではないでしょうか??

私はまだ30代半ば。自分とはまだ関係ない病気だと思っていました。
しかし、一年ほど前から違和感は始まっていて、左目の開けにくさ、目の奥の痛み、疲れ、、、最初は年を取ったんだなぁ。と思っていました。
ですが、症状は増すばかり。自分では目が開いてないんじゃないか!?と思うくらいですが、周りからはそうは見えない様子。ただ旦那だけは異変に気付いてくれ、まぶたが下がってきたよね。と言われました。

まぁ。年を取れば誰だって下がると思いますが、さすがにまだ早くないかい?と不安になり、病院を受診すると。
診察してすぐに「眼瞼下垂ですねー。」と言われてしまいました。